ホーム>料金・サービス>ドイツ国外でご利用の際の注意


ドイツ国外でご利用の際の注意

着信にも料金がかかります

国外での着信には着信転送料が発生します。また、一部の国・地域によっては、これとは別に着信料が発生する場合もあります。

つながらなくても料金がかかる場合があります

アメリカのUS Cellularの一部やAlltelなど、一部のドイツ国外通信事業者では相手につながらない場合でも、発信者に通話・通信料が発生することがあります。

フリーダイヤルなどにも課金される場合があります

渡航先の通信事業者によっては、コレクトコール、フリーダイヤル、クレジットコール、プリペイドカードコールの通信であっても、通話・通信料が発生する場合があります。

課金単位が異なります

通話やパケット(データ)通信における課金単位が国内でのご利用時と異なりますのでご注意ください。

パケット(データ)通信料が非常に高額になる場合があります

データ量の大きな添付ファイル付メールを送受信する場合や大容量コンテンツをダウンロードする場合など、通信料が高額になる場合がありますのでご注意ください。

高額を防ぐために設定方法を再度ご確認ください

詳しくは、こちらから

その他通話・通信料について

*通話・通信料の算定にかかる通信時間は、ローミング先の通信事業者および関係するサービス事業者または当社により測定されたデータに基づき課金します。
*ローミング先の通信事業者によっては、通信事情等により国際フレックス番号や国番号を付加せずに発信した場合も自動的にこれらの番号が付加され、相手につながる場合があり、その場合も通話料が発生します。
*ローミング先の通信事業者によっては滞在国内への通信であっても、その他の国向けの通信となり、それに準ずる通話料が適用されることがあります。同様に、その他の国向けの通信でも、滞在国内への通話料が適用される場合があります。
*ローミング先の通信事業者より請求のあった通信料金は月々のご利用料金に合算して請求いたします。但し、ローミング先の通信事業者等の事情により翌月以降のご利用料金に合算して請求する場合があります。