ベリーモバイル タイランド
Blog

【 雨季対策 】 雨雲レーダーアプリ「TVIS」の活用法 

2021.05.05

モバイルライフ

 

タイの雨季は例年5月からが本格突入ですが、
今年は4月から突発的に雨が降り、雨季のような天候が続いております。

iPhoneやAndroid端末には、天気アプリが標準搭載されておりますが、
広範囲のエリアが対象なため、ピンポイントでの確認には限度があります。

 

例えば、端末の天気アプリで「晴れ」と表示されていても、

実際は雨が降っている事があったり、バンコクと表記されても広範囲のため、

プロンポンエリアで豪雨であっても、サラデーンエリアでは晴れている事や、

その逆も多々あります。

 

そこで、タイの雨雲の様子を確認できる雨雲レーダーアプリ「TVIS」を活用して、
雨対策が有効であるか検証してみました。
無料アプリのため、これからの雨季対策としてお気軽にご利用頂けます。

 

【目次】
1.「TVIS」とは?
2.利用方法
3.検証例
4.メリットとデメリット
5.まとめ

 

 

1.「TVIS」とは?

 

 

「TVIS」とは、NECTEC(タイ国立電子コンピューター技術研究センター)が

提供する地図・ナビアプリで、最新の雨雲レーダーを確認できる他、

タイ国内の最新の交通状況を収集し、CCTVの画像やラジオのニュースを

アプリ内で確認できる特徴を備えております。

 

 

「TVIS」のiOS用、Android用アプリは、下記からご利用頂けます。

 

 

2.利用方法

 

 

「TVIS」の利用方法は、とて簡単です。

アプリ起動後、左上の「雨雲レーダー」のアイコンをタップすると、

最新の雨雲情報が表示され、青いマークの現在地を拡大して、

ピンポイントで確認可能です。

 

雨雲は、最も弱い「青」から最も強い「紫」まで識別されて表示されます。

「青や緑」であれば「小雨」、「黄色や赤」であれば「強雨」、

「紫」であれば、「最も強い豪雨」の目安となります。

 

また、画面右下の「移動画像」のアイコンをタップすると15分置きの過去2時間の画像が

連続表記され、雨雲が移動する様子を確認する事ができます。

 

 

3.検証例

 

 

■ 検証例1

この日は、快晴でしたが突然雨が降ってきました。

端末の天気アプリでは「一部曇り」の表記。一方、「TVIS」の雨雲レーダーでは、

11:45の現在地が黄色で表記されており、強めの雨の状況と一致しております。

 

また、現在地のサラデーンエリアでは雨ですが、プロンポンエリアでは、

雨雲が表示されていないため、局地的な雨である事が分かります。

 

 

■ 過去の雨雲レーダーを確認

12:30現在の時刻で、過去2時間の雨雲レーダーを確認しております。

実際は、15分置きの画像が順に表示されますが、

上記は30分置きに割愛して一覧表示しております。

 

10:30~11:30まで現在地に雨雲が無い事が分かります。

12:00にはやや強い黄色の雨雲が表示され、12:30にはやや弱い緑雨雲が表示されてます。

突発的な雨雲の発生である事や、雨雲の移動が速い事から直ぐ止むことを想定しました。

実際、13:00過ぎには雨が止みました。

 

 


 

■ 検証例2

この日も、快晴でしたが突然雨が降ってきました。

端末の天気アプリでは「広範囲で曇り」の表記。一方、「TVIS」の雨雲レーダーでは、

13:25の現在地が緑で表記されており、雨の状況と一致しております。

 

 

■ 過去の雨雲レーダーを確認

13:25現在の時刻で、過去2時間の雨雲レーダーを確認しております。

実際は、15分置きの画像が順に表示されますが、

上記は30分置きとして一覧表示しております。

 

11:40~12:10まで現在地付近に雨雲が無い事が分かります。

12:40にサムットプラカーンエリアで雨雲が発生し、13:10~13:25の画像で、

雨雲が北上している事が分かります。突発である事、雨雲の移動が速い事から、

この日も1時間程度で雨雲が通過する事を予想しました。

実際、14:30過ぎには雨が止みました。

 

 

4.メリットとデメリット

 

「TVIS」のメリットとデメリットは、以下の通りです。

 

■ メリット
– 現在地の雨雲模様がピンポイントで確認可能
– 5分置きに雨雲模様が自動更新される

– 過去2時間の雨雲模様が確認可能
– 無料で利用可能

 

■ デメリット
– タイ語のみである
– 雨雲の予報機能は備えていない
– 雨の通知機能は備えていない
– CCTVの項目は読み込みが遅い

 

 

5.まとめ

 

 

検証例から「TVIS」の雨雲レーダーは、最新の情報を正確に確認できるため、

手動ではあるものの、雨対策として有効であると考えます。

特に雨が降り始めた時、雨雲がどのように移動しているか確認すれば、

どれくらいで雨が止むか予想ができるため、早速活用しております。

 

また、予報機能を兼ね備えた天気情報アプリ「Rain viewer」についても

ご紹介させて頂いておりますので、併せてご参照下さいませ。

どちらも無料で利用できるため、雨対策の1つとして活用してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

↓↓↓クリックお願いします!これからも頑張ります!↓↓↓

この記事をかいた人

営業部長(法人セールス)
サービスや料金のことなどお気軽にお問い合わせください

日本語で
24時間
受付

お電話からのお問い合わせ

タイから
02-105-4568
日本から
050-6865-6660
WEBからのお問い合わせ 24時間受付け