ベリーモバイル タイランド
Blog

ローカル店舗でSIMロックを解除した時の思わぬ落とし穴

2016.11.05

猫の手スマホ塾

こんにちは!最近飼い猫が6歳になった柴山です。今回は皆様が一度は耳にしたであろう、タイでのSIMロック解除に関してお話したいと思います。

 2015年5月より日本でもSIMロック解除が義務化されましたが、それ以前に購入した端末をまだ持っている方もいらっしゃるのでは?私もタイに来たばかりのころ、ソフトバンクのiPhone5をMBKへ持っていきSIMロックを解除しました。

 

柴山の苦~い思ひ出

 ロック解除にはいくつか方法がありますが、手軽なのはアダプター(通称:下駄)をSIMと一緒に本体に挿し、本来不可能な別のSIMを読み込ませる方法です。ですがこれ、実は公式なSIMロック解除方法ではありません。私は下駄を2,000バーツで購入し、お店のタイ人に入れてもらいました。代わる代わる操作を行うスタッフに不安になりながら、戻って来たiPhoneを手に取ると……。①ネットが遅い(この時代に2G)。②データローミングがオフに出来ない(海外パケ死が怖い)。③SIMを外すと設定やり直し(設定の仕方聞かなかった……)。④SIMの互換性なし(SIMフリーではない)。⑤写真が消えるor復活する。でも電話が使えるし…と数日間、騙し騙し使いました。後日、何の気もなしにiOSのアップデートをするとSIMが読み込めません。下駄は特定のバージョンのiOSにのみ対応しているものがほとんどで、子猫ちゃんだった私は知りませんでした。下駄を入れてスマホを使うのはあくまでその場しのぎなんだと痛感しました。

 

後悔する前にSIMフリー

 一時的な利用には便利な代物ですが、アップデートせずに利用するには限度があります。また、保障もなく、修理するとなれば余計な出費も。私も最初からSIMフリーを買っていれば良かったとちょっと後悔。

 SIMフリーであれば、一時的な帰国などの際にSIMを入れ替えるだけで利用できます。現在、下駄を使っている方は、端末購入など安全で確実な方法をご検討頂きたいです。ベリーモバイルでは動作の保障が出来ない為、SIMロック解除のお手伝いはしていません。ですが、「下駄を使っていて今こんな状況なの…」とご来店頂ければ、専門スタッフが日本語でアドバイス致します!iPhone7も販売開始し、他の端末もお求めやすい価格になりました!今の携帯環境、この機会に見直しませんか?

この記事をかいた人

ベリー うさこ(バンコク店)
タイでの生活も気づけば5年目、アプリやスマホを活用し快適な生活を送っております。
サービスや料金のことなどお気軽にお問い合わせください

日本語で
24時間
受付

お電話からのお問い合わせ

タイから
02-105-4568
日本から
050-6865-6660
WEBからのお問い合わせ 24時間受付け