ベリーモバイル タイランド
Blog

SONY Xperia XA

2016.07.26

端末レビュー

———————————
液晶ガラスは、iPhone6シリーズから採用されている、ガラスの端が丸く加工された形状となっており、画面端からのスワイプ動作が格段に向上。そして、Xperia最大の特徴である、背面パネルのガラスが廃止され、アルミを用いた金属パネルへ。放熱性能も向上すると思われる。
———————————
 

 

【おすすめポイント1:進化したCPU】
台湾メーカーの「MediaTek Helio P10」を搭載。MediaTekはコストパフォーマンスに優れたSoCを展開し、格安スマホなどでも幅広く採用されているメーカーさん。性能こそ上位2モデル(Xperformance,X)に劣るものの、ミドルスペック以上の性能は持ち合わせる。(2Ghz+1.1Ghzの4コア+4コアの8コア)
 


【おすすめポイント2:ゼロベゼルデザイン】

Xperia Xシリーズでは5型の液晶を搭載しています。最近は5インチ以上の大画面モデルが標準化されつつありますが、5インチ以上は個人的に大きすぎます。XperiaZ5では、5.2型液晶で、サイズが0.2しか小さくなりません、しかし、本体幅はゼロベゼルデザインの採用により、スリム化。持った際の感覚が大きく変わりました。
 

【おすすめポイント3:十分なカメラ性能】
背面カメラに1300万画素、前面カメラも自撮りトレンドの500万画素を上回る800万画素カメラを搭載。ソニーのコストパフォーマンスモデルであっても、カメラ性能は妥協なし。ちなみにiPhone6sで背面1300万画素、前面500万画素ですので、いかにカメラに対して妥協が無いかが伺える。
 

【不満点】
防水機能が無くなったことが大きい。以前のM4AQUA等はコストパフォーマンスモデルでありながら防水機能が付いていた。ただ、価格を抑えて快適に使いたいという人にはオススメのモデル。
 

【総評】
ROMが16GBなのが少々気になるが、スペックに見合わない安い価格になっている。スマホライトユーザーには非常に魅力的な端末だと思う。カメラ機能もSONYらしく平均以上のスペック搭載となっているので人気が出そうな機種。
  

価格・機能詳細はこちらから

サービスや料金のことなどお気軽にお問い合わせください

日本語で
24時間
受付

お電話からのお問い合わせ

タイから
02-105-4568
日本から
050-6865-6660
WEBからのお問い合わせ 24時間受付け