ベリーモバイル タイランド
Blog

Kidzoonaを遊びつくす in バンセン!

2020.09.14

シラチャ情報

我が子と遊びた~~い!
シラチャShop担当のYです、こんにちわ
 

 
 
前回のブログでは、レムチャバンとパタヤにあるキッズーナ (Kidzoona)をご紹介しました。
(前回ブログのリンクは最後に記載しておきます)
 

 
今回は、バンセンのレムトン バンセン(Leamthong bangsean)内にあるキッズーナに行ってきました!
レムトンの場所は、バンセンビーチに向かう通りを入り、ブラパー大学の向かいにあります。シラチャからでは車で約20分くらいですが、移動手段としてはロビンソン前からロットゥーまたはオレンジ色のソンテウ(ノンモン市場方面)を利用することになると思います。ロットゥーの運転手によっては、「レムトン バンセン」または「バンセンビーチ」と言えば、その周辺を周ってくれる時があります。
営業時間は10時30分~21時00分頃までです(正確な時間を確認できませんでしたが、通常営業の21時30分よりも早く閉めている可能性ありです)。
 

 
店内は、シラチャのロビンソンのような「ザ・デパート」的な感じではなく、地元民に愛される「昔ながらのデパート」的な雰囲気です。
レムトンの中には、スターバックスやYayoiなどのレストランはもちろん、Topsもあるため買い物も可能です。また大手のチェーン店だけではなく、個人営業の鞄屋、時計屋、アクセサリー屋等も並んでいます。
私が行ったのは日曜日の夕方17時頃でしたので、家族連れや制服を着た大学生が多くいました。日曜限定かはわかりませんが、レムトンの前には小さな屋台街ができており、タイらしいローカルな雰囲気を味わう事ができました。
 

 
ちなみに、レムトン内ではベリーモバイルでも提供しているAIS、trueの公共WiFiが利用できました。今回は、AIS WiFiのみ測定しましたが、速度は問題無しですね!
 

 
さて、、、本題のキッズーナです。
キッズーナは、GF(1階)にあります。
少し奥まったところにありますが、Bataという靴屋方面に進み左に曲がります。次に眼鏡屋の角を曲がると正面にあります。
レムトンのキッズーナは、大きさ的にはハーバーモールと同じくらいです。
入場管理としてマスク着用や検温は他のキッズーナと共通ですが、入場者数の制限管理は緩めでした。
と言うのも、、、入場者の制限人数と実際の入場者数を記録するボードはありましたが、使われていない感じでした。一応、1日の制限人数の部分には「85」とありましたが、8が剥がれ落ちかかっていました。当日の入場者数の部分は、未記載でした。
 

 
しかし利用者の数は、他2つのキッズーナと比べてもダントツで多かったと思います。ここでは、地元民からのキッズーナ人気がとても高そうです!職業体験コーナーでは、子供同士や親子で全席埋まっていました。奥には大きな滑り台がありましたが、子供たちがガンガン滑り下りていました。
 

 
ちなみに、前回のパタヤのキッズーナに行ったときは「誕生日会の貸し切りをやっていた」とお伝えしましたが、たまたま資料を見つけました。最小人数10名から利用できる「Party package」があるようです。
もしご興味がありましたら、キッズーナの「イオン シラチャ支店(038-313-127)」へ問合せをしてみて下さい。
 

 
ベリーモバイルのご利用者様は、毎月溜まっているベリーポイントでキッズーナの“無料親子ペアチケット”を交換できます!9月中であれば、通常300ポイントのところを100ポイントだけで交換できます。さらに、、、プレミアムオプション付きの上位プランをご契約中の方は、0ポイントで贈呈しています。
キッズーナの親子チケットの有効期限は「2020年12月末」までのため、取り急ぎのポイント交換利用だけでも大歓迎です!是非、9月中にご利用をご検討ください。
 
レムトンのすぐ近くにはバンセンビーチもあります。
キッズーナで遊ぶも良し、海で遊ぶも良しですので、シラチャからのプチ観光としてバンセンを訪れてみて下さい!
 
 

<レムトン バンセン (Leamthong bangsean)>

 

――― キッズーナ@ハーバーモール ―――

 

――― キッズーナ@パタヤ ―――

 

――― シラチャ近郊のキッズーナはこちら ―――

※「EAST」をクリック

 
それでは、また次回のブログでお会いしましょう~
 
 
 

↓↓↓ポチっとクリックお願いします!モチベに繋がります!↓↓↓

この記事をかいた人

農業オタク(シラチャ店)
紫陽花の品種改良にはまっています。
サービスや料金のことなどお気軽にお問い合わせください

日本語で
24時間
受付

お電話からのお問い合わせ

タイから
02-105-4568
日本から
050-6865-6660
WEBからのお問い合わせ 24時間受付け